藤のお寺

 

文字通り葛井寺は藤のお寺です。
c0317868_18444610.jpg




 

毎年この時季に訪ねています。
c0317868_18455170.jpg

 

今年も藤棚一杯に咲いていました。
c0317868_18462558.jpg

 

南大門前の藤棚も見ごろでした。
c0317868_15354214.jpg

 

重文の南大門を見ます。
c0317868_15362588.jpg

 

見事な藤の長さです。
c0317868_18471174.jpg

 

西門の朱はこの時期だけは脇役です。
c0317868_15392515.jpg

by ei5184 | 2014-04-30 04:48 | 大阪 | Comments(12)
Commented by 阿修羅王 at 2014-04-30 05:25 x
おはようございます。
毎年拝見しますが、何度見ても画になる背景が引き立てますね。
白壁の蔵の前がいいですね。
Commented by dejikaji at 2014-04-30 08:18
おはようございます。
流石に藤で有名なだけに、立派な藤棚ですね〜!
これだけの房の長さの花まで育てるのは大変でしょうね。
先日行った鳥羽の処理場も、これくらいの長さがあれば、絵になったんですがね〜…
それとお寺の建物を背景にするとやはり締まりますね。
Commented by arak_okano at 2014-04-30 10:45
これは立派な藤ですね、お見事バグースです。
藤ですが、今年は撮りに行けないかな?
Commented by miyasan at 2014-04-30 12:04 x
もうっこんな季節に成ってしまいました。  早いですね。
藤を見ていると、藤枝市の蓮華寺池公園 を思い出しますね。
綺麗です・・・・
Commented by deepseasons at 2014-04-30 20:06
こんばんは〜
ほんまに見事な藤棚です。 藤の高貴な色がたまりませんね。
お天道様に当たって、キラキラ輝きながらぶらぶらと揺れていますよ。
ただ、この花も見頃が短かくなかなか見頃に行く事ができません〜
Commented by davidmittu at 2014-04-30 21:45
こんばんは。
いつも紅葉や桜ばかり撮っていると、この藤の色って
ひときわ美しく感じます。
藤棚って本当芸術てすよね!
Commented by ei5184 at 2014-05-01 18:49
阿修羅王さん、今年はどうかな? とこの時期に訪ねていますが
5年間通って期待外れは一度もありません(笑)
多少の長さの違いはありますが、今年もまずます!
Commented by ei5184 at 2014-05-01 18:53
dejikajiさん、もう5年通っていますが、今年もよく咲いてくれました。
欲を言えば白藤が少し短いようです。
昨日は龍安寺へ行きましたが、そこの藤棚と比べれば
少なくとも藤は此方へ軍配が(笑)
Commented by ei5184 at 2014-05-01 18:56
arakさん、とんでもない、暫くは静養に徹して下さい(笑)

藤は又来年も楽しめますが、身体は一度きりですよ!
Commented by ei5184 at 2014-05-01 18:58
miyasanさん、いよいよ待ちに待った5月ですね!
楽しみにされていますよ~ 水ぬるむ季節、
是非リポートを(笑)
Commented by ei5184 at 2014-05-01 19:00
deepさん、そうなんです、花の命は何時も短い(笑)
私も此処以外は藤を撮りには行けませんね~
石楠花もまだ撮っていなかった!
Commented by ei5184 at 2014-05-01 19:05
davidmittuさん、昔の流行歌に「薄紫の藤棚の 下で歌ったアベマリア」
なんてのがありましたが、その時以来藤は女学生のイメージです!
判りますかな~(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 得浄明院の一初 枝垂れ桜の下は、牡丹 >>