上七軒の華

 

北野をどりは7日に無事千穐楽を迎えました。お座敷情緒が満載の第62回の演目でした。鑑賞後少し撮影を・・・

 

芸妓 尚そめさん。
c0317868_19415217.jpg




 

芸妓 市照さん。
c0317868_19435406.jpg

 

澄ました表情も魅力的ですが、笑顔も素敵な方です。
c0317868_19442193.jpg

 

芸妓 勝也さん。今回は地方でご活躍でした。
c0317868_19463478.jpg

 

舞妓 勝音さん。
c0317868_07232770.jpg

 

中堅の舞妓さんに成長されていました。
c0317868_07234735.jpg

 

赤げっと五段返しと云う見事なお座敷舞をご披露された芸妓 福鶴さんです。
c0317868_19533936.jpg

 

舞台の撮影は叶いませんので、プログラムの写真をご参照下さい。
c0317868_19553794.jpg

 

桜の花に劣らぬ花街の華を掲載しました。勝瑠さんと勝奈さんは後日特別枠にて(笑)

by ei5184 | 2014-04-09 04:41 | 芸舞妓-2 | Comments(15)
Commented by あん at 2014-04-09 06:30 x
梅葉さん、楽しい方ですよね。ビアガーデンでお話して楽しかったです。市照さんは、普段着とビアガーデンの浴衣と出の衣装の時と2日間に3回お会いしましたが、クールビューティなのに、ちょっとひょうきんなところもある方ですね。勝也さん、いい味で、大好きです。人柄ですね。勝音さんだけ、お目にかかったことがありません。
Commented by ei5184 at 2014-04-09 18:24
あんさん、この日は短時間にも拘わらず、梅葉さんのまるで独演会(笑)
ユーモア溢れる会話に笑いっぱなし。
北野をどりの舞台でも微笑んで舞をご披露されていました。
上七軒の芸妓さんたちに、この日でファンになってしまいました(笑)
Commented by 梅清士 at 2014-04-09 22:23 x
 先日6日(日)桜満開の中久々に外で、浅草・三社様かっぽれ奉納でした。

やはり京都の桜は綺麗ですね。

今日は司太夫さんのお誕生日ですね!!
Commented by たまには宮川町 at 2014-04-10 00:10 x
赤げっと五弾返しは本来は勝喜代姐さんの得意技です。
ご本人が出演出来ないので、代わりに福鶴姐さんになった
とのこと。
をどりの後、某所で8人が「挨拶」ですか。
そういえば梅葉さんにはをどり期間中お目にかか
らなかったです。期間中4回もあった妓もいますが・・・
Commented by miyasan at 2014-04-10 01:40 x
いやぁ~・・eiさんも色々な方とお逢いしていたのですね。
千秋楽の後は自分も夜にコソコソと出かけて行きました。
駐車場から向かうと、大文字さんの前で電話していた勝瑠ちゃんとすれ誓う・・。
そのまま通り過ぎて到着するが、そこからカウンターでずっと仕込みちゃん二人とお話です。
暫くすると、お座敷の出番でちえちゃんが現れ、次に勝奈ちゃんが現れました。
そんな事は無視して変わらず仕込みちゃん二人と話の格闘中です。
自分は教育係りかい・・・と・・・
Commented by ei5184 at 2014-04-10 04:43
梅清士さん、太夫のお誕生日でしたか?  そう云えば以前聴いたことがあったような(笑)
益々のご活躍をお祈りいたします。
Commented by ei5184 at 2014-04-10 04:47
たまには宮川町さん、流石にお詳しいですね!
この方もいい表情をお持ちの芸妓さんですね~ファンになりました(笑)
某所の件、こちらもお詳しい(笑)
Commented by ei5184 at 2014-04-10 04:52
miyasanさん、仕込みさんの教育係りですか(笑)
若い方々には好い人生の先生でもありましょうから、きっと大切なひと時だったでしょう。
お見世出し、おふく、そして襟替えと・・・長いお付き合いが始まりましたね(笑)
Commented by あん at 2014-04-10 07:52 x
話題の赤ゲット5弾返しって、どんなものですか? 赤ゲットって赤い毛布?? マークウエインの作品に赤げっと何とかというのがあった気がしますが、関係ないでしょうし。想像がつきません。
Commented by たまには宮川町 at 2014-04-10 11:05 x
あんさんへ

赤げっと五段返し、とは上七軒に伝わる俗曲。正式な曲ではなく
お座敷で芸妓さんが座興にやるもの。この曲は勝喜代姐さんの
得意技。
明治の頃に、権兵衛さんが洋行するさまを、面白可笑しく踊るもの
Commented by ei5184 at 2014-04-10 16:52
あんさん、 たまには宮川町さんの解説にありますように、上七軒俗曲です。
パンフレットにも歌詞が掲載されていますが、権兵衛・太郎兵衛さんが
サンフランシスコ・シカゴ・ニューヨーク・ボストンへ行くものの言葉は解らず、
挙句はロンドンで迷子に。珍道中の果て帰国しますが、日本では洋行帰りを自慢する。
といった所謂コメディーです。舞台では手拭がネクタイや、ステッキに
踊りの仕草がとても巧妙でした。
Commented by みつまめ at 2014-04-11 21:10 x
上七軒の名妓集合、といった顔ぶれですね!
勝喜代さんは今年は出られなかったのですね。
客席を引きつけるような舞踊、見たかったなぁ。
勝瑠さん&勝奈ちゃんの勝姉妹も楽しみにしています(^^)
Commented by ei5184 at 2014-04-12 05:30
みつまめさん、勝瑠さん、今日も偶然でしたが、某所でお会いしました。
洋髪でしたが、とても素敵な方でしたね~
お二人の写真は整理が整い次第アップします。どうぞお楽しみに(笑)
Commented by aamui at 2014-04-12 10:57
この髪の曲線と襟の曲線 黒と白 艶 そして紅い珊瑚がポチリ 美しい!
Commented by ei5184 at 2014-04-12 15:38
muiさん、成程鬘・襟と微妙な曲線美ですね。
この辺りも日本の美しさを誇る伝統でしょうかね~
ありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 北向き地蔵桜 なりひら桜  >>