島原を巡る 司太夫

 

太夫とは島原の傾城(遊宴のもてなしを公認された女性)のなかで最高位とされます。歌舞音曲の芸に始まり茶道、華道、香道、和歌、俳諧、書道、囲碁等の教養を身につけることが必須です。又数万石の大名と同じ正五位の官位を持ち、御所の寝殿まで上がり天皇にも謁見できました。よく混同されがちな吉原の娼妓・花魁とは全く異にするところです。現在太夫は花扇太夫、司太夫、如月太夫と振袖太夫(太夫の見習いで振袖の着物・内掛けを着ます)が現役でご活躍中です。司太夫とはこの方です。太夫は帯を前で五角形に結び、心の文字を表しています。又髪飾り(髪型は「吉野髷」)と着物の重さは合わせて30キロを超えています。道中は三つ足の下駄を履いて内八文字で歩きます。往来を大傘を差し掛け傘で歩けるのは、高僧と位のある太夫だけです。花魁は位が無いので廓の中だけの行事です。
c0317868_17574453.jpg




 

過日、司太夫の解説で島原を巡りました。本当のおもてなしとは、この方を云うのでしょうね!  この時も舞「夜桜」を披露して頂きました。
c0317868_18045434.jpg

 

島原に今でも残る揚屋「角屋」です。
c0317868_18072798.jpg

 

この日はNHK京都放送局の取材もありました。内八文字で歩く太夫道中を解説しています。
c0317868_05125614.jpg

 

太夫らしいユーモラスなおかめひょっとこの帯です。
c0317868_18255625.jpg

 

この日参加されていた方にもモデルになって頂きました。掲載のご了解をありがとうございました。
c0317868_18334765.jpg

 

この日の模様は3月29日(土)NHK「おはよう日本」午前6時放送の中で紹介されます。

by ei5184 | 2014-03-21 05:17 | 芸舞妓-1 | Comments(8)
Commented by arak_okano at 2014-03-21 06:33
いや、奥が深い世界を有難うございます。
バグースです。
神奈川も今日は晴れ、庭に出てみます。
Commented by at 2014-03-21 07:28 x
昨夜は、司太夫のお誘いで Cathyさん他のファイアーショウを堪能しました。
太夫は、実に精力的に動かれる方ですね。

昨日の成果は、眉を剃り落した舞台女優 魅鳴さんと隣の席で会話し、この人の写真を撮ってみたいなあ と思った点と
映画「黒執事」の劇中歌を担当したという Moccaさん を知った事です。
色んな所に出掛けると良い事も多いですね。
花街は卒業しましたが・・・・・
Commented by みつまめ at 2014-03-21 17:10 x
司太夫のことはeiさんのブログで知りました。
花街の文化に魅せられた私にとって嶋原もとても興味があり、今春は必ず訪ねようと思います。
自分が死ぬまでに一度お会いしたい人の一人が司太夫です!
着こなしや出で立ちだけでなく、内面的にも憧れてしまいます(*^^*)
Commented by ei5184 at 2014-03-21 18:14
arakさん、今日は強風が吹いていませんでしたか?
関西は春の嵐のようでした。
島原太夫の仮視の式や舞は又近々にアップ予定です。
そこで再度詳しくコメントをしたいと思っています。
Commented by ei5184 at 2014-03-21 18:17
凧さん、又違う世界の方とのご縁が出来ましたか!
凧さんならではのお人柄の良さでしょう。
花街を卒業された凧さんでしょうが、もう少しお届けしますので
宜しくお付き合いを(笑)
Commented by ei5184 at 2014-03-21 18:22
みつまめさん、司太夫はとても気さくな方です。世が世ならば
私などはお目にかかる事など叶わぬ高貴なお方!
現代に生まれてきて良かった(笑)
もしかしたらこの春にお会い出来るかも・・・?
Commented by kwc_photo at 2014-03-22 00:38
司太夫さん、何とも貫禄ですね。
あの八文字歩き、生で一度見てみたいです。
太夫道中、もうすぐですよね。
桜のころの常照寺、行きたいんですが、なかなか日が合いません。
平日は繁忙期なので休めませんしね~。
Commented by ei5184 at 2014-03-22 04:19
katsuさん、常照寺の太夫行列は有名ですよね!
私も行った事がありません。今年は13日、日曜日にあります。
間に合えば駆けつけますか(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< おわら風の盆 2011 プロローグ 東山花灯路 奉納舞 >>