飛騨古川三寺まいり・飛騨古川

 

飛騨古川では三寺まいりの準備が着々と進んでいました。
c0317868_08204610.jpg


More
# by ei5184 | 2018-01-23 04:57 | スナップ-2

飛騨古川三寺まいり・大ろうそく

 

飛騨古川の通りには沢山の雪像大ろうそくがありました。 此処でも出会ったお嬢様を撮影させていただきました。
c0317868_15340727.jpg
雪像ろうそく作りは、たるのような木枠に雪を詰め込んで踏み固めたあと、形崩れしないよう水や塩を混ぜてシャーベット状にします。半日ほどで固まり、枠を取り外すと純白のろうそくが完成します。

More
# by ei5184 | 2018-01-22 04:53 | スナップ-2 | Comments(12)

飛騨古川三寺まいり・あゝ野麦峠

 

「兄さ、飛騨が見える」 映画で大竹しのぶが演じる政井みねは糸引きの過酷な労働の下、結核で倒れてしまいます。知らせを受けて急ぎ駈け付けた兄の辰次郎は、衰弱したみねを背中に背負い故郷に向かいます。途中の野麦峠は、燃えるような美しい紅葉に覆われていました。その景色を見ながらみねは息を引きとります。  
( 以下飛騨市公式観光HPより引用 ) 飛騨古川に、200年以上も前から続く独特の伝統風習 「 三寺まいり 」 は、毎年1月15日の夜、親鸞聖人のご恩を偲び、町内の3つの寺、円光寺・真宗寺・本光寺を詣でるならわしです。 その昔、野麦峠を越えて信州へ糸引きの出稼ぎに行った年頃の娘たちが着飾って瀬戸川の川べりを歩いて巡拝し、男女の出逢いが生まれたことから「嫁を見立ての三寺まいり…」と飛騨古川の小唄にも唄われ、縁結びが叶うおまいりとして知られています。

「あゝ野麦峠」の舞台にもなった飛騨古川の三寺(さんてら)まいりを訪ねて来ました。
c0317868_19181211.jpg


More
# by ei5184 | 2018-01-21 04:55 | スナップ-2 | Comments(13)

舞妓千賀遥 福笑い

 

福娘が登場しましたので、やはりこの方の福笑いも掲載しなければなりませんね(笑)
c0317868_17004768.jpg


More
# by ei5184 | 2018-01-20 04:58 | 舞妓千賀遥 | Comments(20)

東寺 後七日御修法・初夜の座

 

後七日御修法11日の午前10時初夜の座上堂です。
c0317868_16520141.jpg


More
# by ei5184 | 2018-01-19 04:57 | 京都2018 | Comments(12)

東寺 後七日御修法・日中の座

 

後七日御修法(ごしちにちみしほ)は、毎年1月8日より14日まで教王護国寺(東寺)に於いて真言宗十八本山のご山主猊下をはじめとして各山の高僧方15名にそれぞれの配役を司り総勢百名近い僧侶が相携え、一日三座七日間にわたり国家の安泰や世界平和を祈願する修法です。( 智積院HPからの引用です。)

中日にあたる11日は午前6時より、日中の座が始まりました。
c0317868_14453108.jpg


More
# by ei5184 | 2018-01-18 04:58 | 京都2018 | Comments(14)

有明の月・東寺

 

五重塔に凍れる有明の月が出ていました。 
c0317868_08562418.jpg


More
# by ei5184 | 2018-01-18 04:37 | 京都2018